観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

古都の春を彩る雅な舟遊び 岡崎さくら回廊十石舟めぐり(1) 琵琶湖疎水をゆっくり進

3月20日から4月14日まで

徐々に暖かさが増し、春の観光シーズンがいよいよ到来する古都・京都。春の風情に包まれるなか、今年も人気企画「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」が3月20日からスタートする。京都市左京区の岡崎エリアで、琵琶湖疎水を両岸に咲く満開の桜を眺めながら舟で進む。川面から望む桜に古都の春を感じたい。4月14日まで。

岡崎さくら回廊十石舟めぐりは、京都府旅行業協同組合や京都市でつくる実行委員会が主催。2003年に始まって以降毎年運航し、ツアーの設定やウェブ販売など多彩な展開で年々乗船客が増加、国内外の観光客から京都の春の風物詩として親しまれるまでに定着した。

歴史情緒漂う十石舟に乗船し、南禅寺船溜まり乗船場から夷川ダムまでの琵琶湖疎水を往復約3キロ、約25分で周遊。疎水沿いの並木「桜回廊」が満開の花に彩られるなか、春の穏やかな川風を感じながら舟旅が楽しめる。最大のみどころは、鮮やかな朱色の平安神宮大鳥居と桜の競演。京都の春を実感できるワンシーンは必見だ。

岡崎さくら・わかば回廊十石舟めぐり

朱色の大鳥居の向こうに見える平安神宮と
桜、新緑のコントラストは最大の見どころ

十石舟めぐりは9時30分から16時30分まで、15分間隔で出発する。料金は大人2千円、小人1千円、幼児500円。

乗船券のウェブ事前販売は京旅協ウェブサイト「京りょ」(https://Kyoto-tabi.or.jp/)から。

団体利用も可能で、問い合わせは京都府旅行業協同組合 電話075―353―2511へ。

(次の記事)古都の春を彩る雅な舟遊び 岡崎さくら回廊十石舟めぐり(2) 乗船プラス観光のプラン

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ