観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

世界が認めた避暑地 日光国立公園・中禅寺湖畔(2)

歴史×自然が生む上質な旅の時間

現在は、英国大使館別荘記念公園とイタリア大使館別荘記念公園として整備された別荘2軒が一般に公開され、各国の大使たちが愛した中禅寺湖畔の絶景とともに楽しむことができる。

英国大使館別荘記念公園2階の「南4番Classic」では、駐日英国大使館シェフ監修のスコーンと紅茶のセットが味わえる。中禅寺湖を眺めながら優雅なティータイムを楽しんだと言われる、かつての大使たちの気分に浸ることができるのも中禅寺湖畔の魅力のひとつ。

英国大使館別荘公園

英国大使館別荘公園の2階広縁から湖を望む

イタリア大使館別荘記念公園も今年4月に外壁の工事が完了し、湖畔の静かな雰囲気を醸し出す景観に一役買っている。

日光国立公園エリアでは日本三名瀑のひとつ華厳ノ滝をはじめ、龍頭ノ滝や湯滝、霧降ノ滝といった滝めぐりを楽しめるのも、ここならではの楽しみ。中禅寺湖でのSUP(スタンドアップ・パドルボート=立ちこぎボード)やバイクツアー、ハイキングなどの自然が体験できるアクティビティも充実している。

華厳ノ滝

日本三名瀑の一つ華厳ノ滝など滝めぐりも
このエリアの楽しみ

いま中禅寺湖畔で話題になっているのは、2020年夏に「ザ・リッツ・カールトン日光」が開業を予定していること。地上4階建てで、客室総数94室。全客室50平方メートル以上の広さを備える。露天風呂付き温泉大浴場やスパ、自然あふれる庭園と一体となったレストランやバー、フィットネスなどを設け、上質でラグジュアリーな空間デザインを取り入れたホテルを計画している。

日光・鬼怒川エリアでは今年12月、東照宮をはじめとした社寺が世界遺産登録20周年を迎える。翌20年には奥日光の湿原・戦場ヶ原がラムサール条約湿地に登録されて15周年になる。オリンピックイヤーを前後し話題豊富なエリアは要注目だ。

(前の記事)世界が認めた避暑地 日光国立公園・中禅寺湖畔(1)

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ