観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

開幕まで1年 東京五輪を楽しもう(2) 観戦プラス観光の勧め−東京まち歩きスポット

上野、日本橋、新橋へ

まずは上野、浅草。桜の名所として知られる上野公園。毎年7月には「全国氷彫刻展夏期大会」が開かれ、桜の下の氷像群が涼しさを演出する。日本最古の動物園、上野動物園ではパンダのシャンシャンがもう2歳に。美術館、博物館の集積地でもあり、世界遺産・国立西洋美術館があるのも上野公園。庶民の台所アメ横での買い物も楽しみ。

年間、国内外から3千万人が参拝に観光にと訪れる浅草。7世紀に建立された浅草寺、浅草神社は、都内で最も古い寺社群。連日賑わう仲見世。門前町は昔から、参拝者を食でもてなしてきた老舗が点在する。通称「ホッピー通り」は、明るいうちから一杯やっている人たちで満員御礼だ。

浅草寺

国内外からの観光客、参拝客で賑わう浅草寺

上野に接する谷根千(谷中、根津、千駄木)も古い下町の面影が濃く残り、まち歩きに人気。

日本橋・銀座・築地は中央区の人気エリア。東京の歴史と文化、商業の中心でもある。区内には6つの国宝と31の重要文化財、1つの特別名勝がある(17年現在)。

1603年の江戸幕府開府と同時に建設され、五街道の起点となった日本橋。20代目とされる現在の橋は1911年の建設で国重要文化財。日本橋三越は創業が17世紀後半。本館が国重文だ。近所の三井本館や日本銀行本店も国重文。銀座方面に行くと重文・日本橋高島屋がある。

銀座の地名は、江戸時代に銀貨の鋳造がこのあたりで行われていたことから。和光が目印の銀座4丁目で晴海通りを左折すると、隈研吾の設計の歌舞伎座がある。

ここから築地まではすぐ。築地市場は豊洲に移転したが、旧場外市場の活気は昔のまま。外国人旅行者も多い。

オヤジの聖地新橋。1872年、日本で最初に開業した鉄道の起点駅として知られる。日比谷口には蒸気機関車が鎮座するSL広場があり、ほろ酔いのオヤジたちがニュース番組でインタビューされるのがここ。

歩いて15分ほどにあるのが愛宕神社と出世の階段だ。愛宕の山は標高25㍍たらずだが、自然の山としては東京23区の最高峰。80数段の階段を上ると神社本殿と、出世の階段物語に出てくる梅の木がある。江戸市中を見渡す山には火事を治める神様が祀られている。

東京タワーはすぐ。東京スカイツリーができるまで長らく国内で最も高いタワーだった。東京タワーから南に坂を下ると増上寺。徳川家の菩提寺としても有名。江戸15将軍のうち6人が本堂裏の墓地に埋葬されている。

お台場は、都心から最も近い人工砂浜がある。ここの自由の女神は、1998︱99年の日本におけるフランス年を記念し仏政府から贈られた。

(次の記事)開幕まで1年 東京五輪を楽しもう(3) チケット当落、悲喜こもごも
(前の記事)開幕まで1年 東京五輪を楽しもう(1) 次々姿現わす競技会場

東京オリンピック 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ