観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

開幕まで1年 東京五輪を楽しもう(3) チケット当落、悲喜こもごも

観客ファーストは? でも楽しみ

2020年東京オリンピック観戦チケットの抽選結果が6月20日、発表された。

5月9日の申し込み時には応募が殺到しシステムがダウン、今回のウェブ上での抽選結果の確認には、最大135万人が順番待ちと、関心の高さもしくはシステムの使い勝手の悪さが再確認された。

真夏の東京での開催というアスリートファーストの欠如に加え、観戦チケット総数780万枚のうち、今回、何枚が販売されたのかも隠されたままという密室のなかでの応募、しかも購入のためのクレジットカード決済はVISAのみという、観客ファーストの欠如はどうしたものだろう。

とは言いつつ、本紙東京オフィスでは20日は朝から、抽選の当落が話題に。近しい知り合いのチケット応募率はほぼ100%で、従姉妹は何枚当たった、誰はダメだったと。同僚の1人はカヌー・スプリントの決勝が当たり、こちらはマイナー競技中心に7︱8競技応募したものの全滅でとても残念。ちなみに本紙大阪本社では、観戦チケットの応募すらしなかったそう。

(前の記事)開幕まで1年 東京五輪を楽しもう(2) 観戦プラス観光の勧め−東京まち歩きスポット

東京オリンピック 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ