観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

静岡市歴史博物館いよいよグランドオープン 今川、徳川時代を体感

目玉は戦国時代末期の道と石垣の遺構展示

駿府城公園前に1月13日、「静岡市歴史博物館」がいよいよグランドオープンする。徳川家康の人生、家康を育てた今川氏、市の発展など静岡市の歴史を多彩な展示で紹介。駿府の時代から今の静岡市、そして未来へ、まちと人の歴史を受け継ぎ、切り開く新たな歴史の殿堂が誕生する。

同館は2022年7月にプレオープン。1階無料エリアを公開、「どうする家康」放送への機運を押し上げてきた。

外観は駿府の城下町の道筋を雁行配置の建物で表現。1階の天井には市産材の杉を使った格子張り、窓枠に木を採用し日本家屋の縁側をイメージするなど市の特徴と歴史情緒を織り込んだ。展望回廊からは駿府城の二ノ丸堀や富士山の眺望も。

静岡市歴史博物館

1月13日にグランドオープンする静岡市歴史博物館。
多彩な展示が見どころ

展示は1階が「歴史体感展示」。市内の史跡を紹介し静岡市の広さと歴史を体感できる。同館建設工事前の発掘調査で発掘された長さ約30メートル、幅約2・7メートルにおよぶ戦国時代末期の道と石垣の遺構をそのまま展示。家康が最初に駿府城を築いたころのものといわれる貴重な遺構を間近で見学できる。

静岡市歴史博物館

家康が最初に駿府城を築いた時代の
貴重な遺構を公開している館内

2階は人生の3分の1を駿府で過ごした家康の人生を資料を通して紹介。家康の書状や肖像画を展示するほか、大御所時代に交流した世界の使節からもたらされた宝物も。幼少期の家康を育て駿府を支配した今川氏の活躍も振り返る。

3階は江戸時代の東海道、駿府城下町について。家康が整備した駿府城下町の発展を東海道図屏風や駿府城下町絵図などを通して伝えるほか、静岡藩、静岡市と至る歴史も取り上げる。

そのほか、トークイベントやクラフト体験、ガイドツアーなど、歴史を多角度から掘り下げる企画も実施していく。

開館時間は9―18時。月曜、年末年始休館。観覧料は一般600円など。団体割引あり。

静岡県静岡市 徳川家康観光に関するお問い合わせ

静岡市大河ドラマ「どうする家康」活用推進協議会
〒420-8602 静岡県静岡市葵区追手町5-1
電話054–221–1310

静岡市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ