観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

松本潤さんら豪華キャストが出演 大河ドラマ「どうする家康」

重厚な布陣で戦国絵巻描く

主人公・徳川家康を演じる松本潤さんの脇を固める「どうする家康」キャスト陣は多士済々。重厚な布陣で戦国絵巻が描かれる。

徳川方では、幼名・瀬名、のちの家康の正室となる築山殿は有村架純さん、側室・於愛の方は広瀬アリスさんが華やかに。家康を支えた徳川四天王は酒井忠次が大森南朋さん、本多忠勝が山田裕貴さん、榊原康政が杉野遥亮さん、井伊直政が板垣李光人さん。そのほかにも本多正信が松山ケンイチさん、鳥居元忠が音尾琢真さん、服部半蔵が山田孝之さんなど充実の家臣団で臨む。

家康の母・於大の方は松嶋菜々子さん、長男・信康は細田佳央太さん。

家康と深く関わる織田方は、織田信長を岡田准一さんが威厳を漂わせ、妹・お市は北川景子さんが可憐に。豊臣秀吉はムロツヨシさんが演じる。

そのほか、家康を苦しめる武田方では武田信玄が阿部寛さん、人質として暮らした今川方では今川義元が野村萬斎さん。この豪華キャストで紡がれる物語に胸が高まる。

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ