観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

リブランドしコンテンツ充実 オリビアン小豆島夕陽ヶ丘ホテル/小豆島

運営会社変更機に 「自然と人を繋ぐ」がコンセプト

リゾートホテルオリビアン小豆島が7月1日、「オリビアン小豆島 夕陽ヶ丘ホテル」と名称を変更してリブランド、再オープンした。これまで運営していたナクアホテル&リゾーツマネジメントからカサイホールディングス(笠井寛社長)へ事業譲渡。小豆島の魅力をこれまで以上に感じられる施設として歩みを進める。

同館は1985年開業。小豆島の自然のなか宿泊のほかスポーツも楽しめるリゾート施設として親しまれてきた。リブランド後は「Green Harmony(グリーンハーモニー)―自然と人を繋ぐ」をコンセプトに掲げた。

今後はリニューアルを積極的に展開していく。遊歩道「夕陽ヶ丘の森」やイチゴのビニールハウス「いちご園」を新設。12月には4階のスイートルームを1室はリノベーション、4室を新設して増強する。来年春にかけてはイングリッシュガーデンや果樹園、バラ園、遊歩道へのハーブの整備など自然が楽しめるコンテンツの新設も予定している。

オリビアン小豆島

新設したイチゴ園

新しく運営する笠井社長の故郷は小豆島。これまでも地元食材の活用や農業法人の運営で地元小豆島と深く関わってきた。

香川県 旅のおすすめサイト


琴参閣
【琴平】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ