観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

あわらは修学旅行プラン充実(1) 「バイオマス」でSDGs学習

福井県・あわら温泉が修学旅行誘致の取り組みを活発化させている。コロナ禍の影響で修学旅行先は都市圏などから地方へ、県内の学校も福井県内での「マイクロツーリズム」へと変更する流れになり、昨年はあわらの旅館ホテルを宿泊地とする修学旅行が急増した。市や観光協会では北陸新幹線の敦賀開業を2023年度末に控えることもあり、この流れを持続しようと体験教育素材を充実化。あわらならではのプログラムをそろえ、ウィズ・アフターコロナの修学旅行先として利用を呼びかけていく。

間伐材の再利用を学ぶ 新幹線の開業控え学生誘致

そのひとつの切り口がSDGsだ。各地でも教育旅行素材として近年採り入れられているが、あわらでは木材による「バイオマス」をテーマに、エネルギー教育を入口にした森林環境教育素材として今年度からツアー化した。地域資源である豊富な木材をエネルギー化する取り組みは、持続可能な社会形成への理念を学ぶのに最適。

あわら市と隣の坂井市は約6割が森林地帯。民間主導で「もりもりバイオマス協議会」を設立し、森林保護のため大量に排出される間伐材を木質チップにして、あわら温泉各施設のボイラーに利用する取り組みを進めている。これまでは企業や自治体を対象に視察ツアーを実施していたが、今年度から修学・教育旅行も対象に加えた。

WOODバイオマスセンターさかい

今年度から学生も受け入れ

修学旅行によるツアーでは、木質バイオマスエネルギーを利用した循環型社会を体験。あわら市の木質バイオマス施設「WOODバイオマスセンターさかい」で木質チップの製造現場を見学するほか、あわら温泉の宿泊施設2カ所に熱供給、利用されているボイラー施設、風車による風力発電施設「夢ぐるま公園」という3つの見学を組み合わせて、“あわら流SDGs”学んでもらう。3カ所とも専門ガイドによる案内があり、その場で学びを深められる。

WOODバイオマスセンターさかい

あわら市の木質バイオマス施設「WOODバイオマスセンターさかい」で
木質チップの製造現場を見学

所要時間は移動を含めて約2時間。ボイラーとバイオマスセンター施設の見学の料金は15−40人で2万2千円(税別)。1日で3班まで対応する。

福井県あわら温泉 旅のおすすめサイト


美松
【福井県】

グランディア芳泉
【山中温泉】

まつや千千
【福井県】

あわら市観光協会
【山中温泉】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ