観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

フォトジェニック安来(2) 「御城印」が好評―月山富田城跡

城跡観光の記念に 安田要害山にも注目

戦国時代前期に活躍した尼子氏ゆかりの安来市には、兵(つわもの)どもが描いた夢の跡が点在する。代表格が、山陰を代表する山城で日本100名城にも選ばれている月山富田城跡。史跡公園としても整備が進むなか、話題を集めるのが来城記念の「御城印(ごじょういん)」だ。

尼子経久像と月山富田城跡

尼子経久像から難攻不落だった
月山富田城跡を望む

御城印は今、若者にも人気の御朱印にヒントを得て企画。地元伝統工芸品の広瀬和紙を使い「富田城」の筆文字と尼子氏、吉川氏、堀尾氏と歴代城主の家紋、尼子の忠臣かつ名将の山中鹿介のシルエットをあしらった。

2018年9月に安来市で開催された全国山城サミット安来大会でも販売され、観光客はもちろん、月山富田城が陥落しなかったため受験生のお守りとしても話題になり1千枚以上も売れた。

月山富田城ゆかりの富田八幡宮の祈祷済みで、市立歴史資料館と広瀬絣センターで販売。1枚300円。

御城印

好評な御城印

19年春以降は、松江城や米子城でも御城印が発売されたことから、3市連携の「御城印帳」もお目見えする予定だ。

もう一つ、安来市内で注目を集め始めた山城跡が安田要害山。月山富田城を守る防衛線として城砦化され、尼子十砦の一つに数えられていた。

登山道は昨年整備され、広葉樹の中続く登山道の道端には石仏が点在。一体一体表情が異なる石仏を拝みながら標高281・2メートルの山頂を目指す。高い山ではないが眺望が素晴らしい。

圧巻は、眼下の田園や町並み越しに、雄大に山裾を広げた中国地方最高峰の大山(出雲富士/伯耆富士)。山に登った地元の人ですら「大山を眺める随一のスポットかもしれない」と評するほどだ。

安田要害山

安田要害山の山頂から望む大山。
雄大な山裾と田園風景のコントラストは
絶景スポットと言っていい

国引き神話で知られる弓ヶ浜半島や中海も美しい。フォトジェニックな山城跡だ。

島根県安来市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ