観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

“聖湯巡礼”で温泉むすめとコラボ 大和屋別荘が企画商品

「道後泉海」をフィーチャー

温泉地を “萌えキャラ”化し、地域活性化に生かすアニメ「温泉むすめ」のキャラクターは、道後温泉にも存在する。その名は「道後泉海(どうごいずみ)」。道後温泉の観光親善大使にも任命されており、温泉街各所に等身大パネルが設置されるなど、国内外へ道後のアピールに貢献している。

道後泉海は、日本最古の温泉・道後らしく「古風で優等生な頼れる生徒会長」という設定。趣味は、主に夏目漱石作品の読書、好きなものはみかんや鯛のあら汁と、愛媛県の特徴を表したキャラクター設定になっている。

旅館「大和屋別荘」では、「聖湯巡礼」と銘打ち、温泉むすめとコラボした宿泊プランを設定。道後泉海のパネルが出迎え、コラボ商品であるオリジナル手ぬぐいのプレゼント、オリジナル抱き枕カバーの購入権などの特典がつく。両者のコラボに水口酒造も加わって作った「道後サイダー」ももらえる。客室では温泉むすめのライブ映像をサイリウムを振りながら見ることもできる。

料金は1泊2食で1人3万7千円から。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
四県四色、四国を彩る愛媛編 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ