観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

まち丸ごとテーマパーク 道後プリンスホテルのおもてなし

「まじめほてるプロジェクト」展開

道後温泉の旅館「道後プリンスホテル」は、宿を拠点とした道後の過ごし方を追求している。キーワードは「テーマパーク」。移動手段にも面白みを求め、館内でも様々な楽しみを提供。道後の旅の可能性を探りに探って、旅行者に提案している。

同館が見たてた道後は、まち自体が大きなテーマパーク。松山から道後へ旅行者を運ぶ路面電車をテーマパークでいう「ライド」、そして自館を「メーンパビリオン」という具合だ。メーンパビリオンとして責任感をもってお客に楽しみを提供しようという「まじめほてるプロジェクト」のもと、おもてなしの取り組みを展開している。

道後温泉駅前のゲスト専用おもてなしラウンジからレトロなムードが漂うボンネットバスでホテルへ向かう。玄関横では同館のキャラクター「ゆたま王子」がお出迎え。

温泉街へ繰り出すのは、レンタル電気三輪自動車「道後トライシクル」がおすすめ。2−4人乗りで、グループで温泉街を周遊できる。同館は乗降ポイントの1つとなっており、利用は気軽に。トライシクル利用つき宿泊プランを設定しており、希望者には乗車時「坊ちゃんとマドンナ」のコスチュームも無料で貸し出してくれる。

道後プリンスホテル

ゆたま王子、道後トライシクル、
ボンネットバスはメーンパビリオンである
ホテル滞在のアイテム

館内では8種の庭園露天風呂をはじめ多彩な浴場で温泉に浸かり、地元の恵みをふんだんに使った料理を味わうなど、楽しみは充実。“道後に浸る”時間を提供する。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
四県四色、四国を彩る愛媛編 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ