観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

“プロ”も認める隠岐の可能性(1) 阪急交通社・クラツー

隠岐は、旅行会社やクルーズ船社、航空会社も旅行目的地として高く評価している。類例のない自然景観はもちろん、バラエティに富んだ食、島の人たちのあたたかな人情など、観光地らしくない観光地が〝プロ〟もひきつける。各社担当者に隠岐の魅力を聞いた。

ゆとり旅提案 阪急交通社

阪急交通社では西日本をはじめ関東、九州、北海道など全国から隠岐ツアーを展開している。特に関西発では、ゆとりの旅をテーマにしたワンランク上のブランド「クリスタルハート」で隠岐のツアーを売り出す。

キャンセル待ちが多数出て人気を集めているのが、クリスタルハートの伊丹空港発着「少人数で行く神秘なる奇跡の島―隠岐諸島めぐり3日間」。関西から直行便で行ける身近な「神秘の島隠岐」をコンセプトに、絶景を楽しむ現在の風潮に相まってローソク島遊覧船や摩天崖に注目が集まっているという。

西日本営業本部メディア営業一部国内営業四課の藤井紗也香さんは「どの季節でも四季折々の食材、素敵な絶景があり、独特な文化を感じる神秘の島旅が魅力だと思います」と旅行先として隠岐を評価。特に「旅慣れたお客様が利尻礼文、屋久島や佐渡を訪れ、次に行きたい離島として支持されています」という。

「夏以外にも4―10月にかけて全般的にご参加いただいており、夏季ジェット便就航期間を広げるとともに現地受け入れのキャパが増えれば、さらなる送客につながるはず」と、隠岐の可能性に期待している。

価値ある島旅 クラブツーリズム

クラブツーリズムでは、長年にわたり培ってきた現地の観光協会や島民との密接な関係をもとに、付加価値の高い隠岐ツアーを催行している。2017年度は1600人を超えるツアー参加客を集めたそうだ。

通年で展開している隠岐ツアーだが、特に春秋には「隠岐キャンペーン」を実施。(1)隠岐国分寺での歓迎セレモニー(2)「隠岐太鼓」や、本来は年に一度しか行われない「隠岐蓮華会舞」(3)モーモードームで牛突き一番勝負などをはじめ「島のバスガイドがご案内するので、島の暮らしや島の人の良さをより感じていただけます」と同社関西国内旅行センターの富岡正啓さん。

加えて「伊丹空港から直行便が就航しているため関西から気軽に行ける立地」「片道1時間で味わうことのできる手つかずの自然や島独特の景観と、日本海の食」が隠岐人気の要因だと富岡さんは分析する。

今後もさらに「観光化がまだまだ進んでおらず伸びしろがあります。体験メニューや有料施設、食事施設などの新設を望んでいます」と指摘している。

島根隠岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
世界が認める孤高の島・島根隠岐へ 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ