観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「ご島地グルメ」で隠岐食べ歩き

第6弾特集は「さざえ丼」 スタンプラリーも

隠岐自慢の地元食を紹介する「ご島地(とうち)グルメ」。地元有志による「ご島地グルメ実行委員会」が、食で隠岐を活性化しようと始めたもので、島で味わえる絶品料理を紹介している。パンフレットを入手し、隠岐の食の世界へ―。

現在発行中のパンフ第6弾の特集は「さざえ丼」。ご当地グルメのエースはサザエをふんだんに使った一杯で、パンフでは島後、西ノ島、知夫里島の飲食店6軒のオリジナル丼を掲載。サザエをベースに半熟卵やメカブを使ったり、卵でとじたり、だし茶漬けにしたりと食べ比べたくなること請け合いだ。

さざえ丼

さざえ丼

12月31日まではスタンプラリーを実施中。パンフでは、さざえ丼以外にも隠岐4島の37 軒の食事処で味わえるご島地グルメが掲載されており、実際に味わってスタンプを押印、最大3つ集めて応募すると、スタンプの数に応じて抽選で特産品が当たる。

景品は、スタンプ1つで隠岐活サザエや隠岐松葉ガニ、スタンプ2つなら活アワビと活サザエ、スタンプ3つなら隠岐牛焼肉折詰など。スタンプを2つ以上集めるなら、2島以上で食事をすることがルール。さざえ丼、寒シマメ肝醤油漬丼、隠岐牛ステーキなど各店自慢の逸品に目移りする。

島根隠岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
世界が認める孤高の島・島根隠岐へ 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ