観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

赤ちゃんブーム到来 南紀白浜アドベンチャーワールド

パンダだけじゃない ペンギン赤ちゃんに恵まれ

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで11月18日、ジェンツーペンギン、ケープペンギンの赤ちゃんが生まれた。親鳥が子育てをしている様子を見ることができ、来園者をほっこりさせる。

赤ちゃんペンギンはペンギン王国2階のアニマルランド横のケープペンギン展示場で、すくすくと育つ。ケープペンギンのペアも卵を温めており、まもなく赤ちゃんが生まれそう。ペンギン王国はペンギンの赤ちゃん誕生ラッシュの様相だ。

同園では1978年の開園時にフンボルトペンギンとキタイワトペンギンの飼育を開始。90年から自然界で暮らすペンギンコロニー(繁殖群)を再現する「ペンギンプロジェクト」の取り組みを始め、本格的な飼育・繁殖研究を行ってきた。その結果、アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、キングペンギンの繁殖実績を蓄積。97年には世界最大のペンギンであるエンペラーペンギンの繁殖研究も始めた。ジェンツーペンギンは94年、ケープペンギンは98年に繁殖に初めて成功して以降、たくさんの赤ちゃんが誕生している。

アドベンチャーワールドは赤ちゃんパンダの誕生で話題になる一方、ペンギンの赤ちゃんを楽しみにしているファンも多い。

和歌山 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ