観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

湯の山開湯1300年でCP 近鉄

観光列車つどいは足湯列車に 菰野町と連携イベントも

近鉄は2019年2月まで「開湯1300年ゆこうよ湯の山」キャンペーンを展開。今年開湯1300年を迎えた湯の山温泉をクローズアップした。期間中、近鉄名古屋と湯の山温泉を直通する観光列車「つどい」(運転日は土日祝日など)を運行している。

キャンペーンは、湯の山温泉1300年に加えて、今年7月に一部ゴンドラやレストランがリニューアルした御在所ロープウエイの話題性から実施。菰野町と連携したイベントなども行う。

観光列車つどいはキャンペーンに合わせてリニューアル。10月6日からは、湯の山温泉の源泉を使用した足湯列車として運行する。

観光列車つどい

「こもしか」と「つどい」

御在所ロープウェイは、湯の山温泉と鈴鹿山脈の主峰、御在所岳(1212メートル)直下を結ぶ。新型ゴンドラは床面展望窓付きで、ゴンドラ真下に広がる山々と伊勢湾が見渡せる。展望レストランは「御在所カレーうどん」が名物。

近鉄の観光・宣伝部(名古屋事業)の瀬﨑元さんは「湯の山線の車窓には田園風景が広がる区間もあり旅情たっぷり」と話し、源泉かけ流しの湯の山温泉とともに楽しんでほしいと話している。

三重伊勢志摩 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ