観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

洞窟と清流とアウトドア 新しい「リョーマの休日」で高知県めぐる(2) 高知市で文化体感

皿鉢料理や高知城へ

宿泊した高知市内の高知サンライズホテルでは、高知の食文化「皿鉢料理」などを味わった。

桂浜近くのかつお舟では、カツオの藁焼きタタキ作りを体験。自分で藁焼きにしたタタキの味は格別だ。

カツオの藁焼きタタキ作り

カツオ藁焼き体験

世界的に著名な植物学者・牧野富太郎博士ゆかりの草花約3千種類が彩る日本有数の総合植物園「高知県立牧野植物園」では、3月21日に「こんこん山広場」がオープンした。牧野博士の個人雑誌「牧野植物混混録」にちなみ「混々山」と呼ばれていた丘に整備した。眺望が抜群で、展望デッキからは竹林寺の五重塔、太平洋まで見ることができる。さらに植物に触れて学べる「ふむふむ広場」、8月には展示館にVRシアターが開設される。

「高知城」では、地元ならではの視点と土佐弁を交えたガイドが城の魅力を案内。江戸時代の本丸建造物がほぼ完全な形で残り、天守と追手門がともに残るのは高知城を含め全国に3城のみ。ガイドから盛りだくさんの高知の歴史・文化をしっかり学んだ。

高知城

ガイドの案内で行った高知城

(前の記事)洞窟と清流とアウトドア 新しい「リョーマの休日」で高知県めぐる(1) 伊尾木洞と仁淀川

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ