観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

週末クルーズで釜山へ行く(2) 韓国屈指の港湾都市の魅力に迫る

市場、美観…活気あふれるまち

チャガルチ市場は活きのいい魚を直接選び、その場で刺身にして食べることもできる。釜山を訪れる観光客は必ず立ち寄るという代表的見どころのひとつだ。

チャガルチ市場

活気に満ちたチャガルチ市場

龍頭山公園は高さ120メートルの釜山タワーがそびえ、展望台からは釜山の市街地を一望できる。冬柏島は都心のヒーリングスポットとして訪れる釜山市民も多いという。ぜひ見ておきたいのが05年11月に開かれたAPEC首脳会議の会場として使われたAPECヌリマルハウス。歴代APEC会場の中でも最もすばらしい景色として賞賛され、特にヌリマルの中から見る海雲台の海や広安大橋の経過は美しい。

龍頭山公園

韓国屈指の港湾都市・釜山を一望

毎年、釜山で開かれる国際映画祭のメーン会場となる映画の殿堂は、ユニークな形をした屋根が見もので、1千人が座れる屋外シアターの座席に座り、映画祭気分にひたるのもいい。

国際市場は家電や雑貨店など様ざまな製品が売り買いされ1500店舗以上が軒を連ねるといわれている。

港湾都市である釜山の風景はきれいで、活気にあふれている。食べ物はサムゲタン、プルコギ焼肉などどれを食べてもおいしい。食でも満足できるのが釜山観光の魅力のひとつだ。

(前の記事)週末クルーズで釜山へ行く(1) パンスタークルーズで36時間観光へ

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ