観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

アートに浸り物語を紡ぐ時間(1) 来春に新施設―足立美術館

“日本庭園日本一”の美術館が開館50周年記念で

年間約65万人の来館者数を誇る安来市の観光拠点「足立美術館」。2020年春、開館50周年記念事業で新たに「魯山人館」がオープンする。

魯山人館は、同館が所蔵する北大路魯山人の作品だけを展示。魯山人作の最高峰の一つとされる「金襴手壷(きんらんでつぼ)」や刻字看板の代表作「淡海老舗(たんかいろうほ)」など約400点を数えるコレクションの中から常時120点前後を鑑賞できるようにする。

足立美術館

魯山人の代表作「金欄手壷」

外観は、赤松が林立する庭園の中、石畳のアプローチの奥に静かに佇む蔵をイメージ。地上1階建てで延べ床面積は約450平方メートル。足立美術館としては2010年の新館以来の展示館で、新たな見どころとして人気を集めそうだ。

魯山人館

20年4月にオープンする魯山人館の予想図

開館50周年記念事業としては20年10−11月の約45日間、同館が誇る横山大観コレクションの中から100点もの本画(日本画の完成作品)を展示する「横山大観の全貌(仮題)」なども予定されている。

足立美術館と言えば、米国の日本庭園専門誌のランキング調査で03年の第1回以来、16年連続で1位に選ばれている日本庭園が必見。同館広報部の武田航部長と菅野綾夏さんに、朝早くから館内を案内してもらっていた時も、庭園ではおおぜいの観光客が写真撮影に興じていた。

「近年、国内だけでなく海外のお客様も増えています。皆様の期待を裏切らないよう、常に感動を与える美術館であり続けたいと思っています」と武田さん。借景の山も含め約5万坪の広大な庭園は、365日欠かさず庭師や美術館スタッフが清掃しているという。

開館は9−17時30分(秋冬は17時まで)、無休(新館のみ休館日あり)。入館料は大人2300円、大学生1800円、高校生1千円、小中学生500円。いずれも団体割引がある。

足立美術館

日本庭園を案内する菅野さん

島根県安来市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

目に鮮やか心穏やか富山立山黒部

いよいよ春本番、雪深い富山県・立山黒部でも本格的な観光シーズンが到来する。その幕開けは山岳観...

島根安来人に会いに行こう

島根県最東部に位置する安来(やすぎ)市。山陰随一の汽水湖・中海と、緑豊かな中国山地に挟まれた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ