観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

地球の息吹を感じる室戸ジオの旅(3) 漁港にも大地のストーリー

室津港や室戸岬港

室戸市では漁港においても、地球のダイナミズムとともに生きてきた地域の姿を垣間見ることができる。室津港や室戸岬港の海面は、港周辺の家屋がある場所から7―8メートルも低い。港に係留されている漁船を見下ろすという独特な風景が広がる漁港だ。それは、城でいうところの「堀」のような感じ。

室津港

集落から見下ろすように位置する室津港

これは漁業を生業とする地域の暮らしと、繰り返されてきた地盤の隆起との兼ね合い、いわば人と自然の共生の歴史が産んだもの。

室津港の歴史は江戸時代から始まった。海が荒れる室戸で望まれてようやくできた港は、室戸半島で地震が発生すると港は隆起し、干上がってしまい、港としての機能は不全に。すると地元では海水をせき止め、掘り下げ工事を敢行、港は復活―という歴史を何度も繰り返してきたことで生まれた風景なのだ。

室津港周辺は港町風情あふれる飲食店が並ぶ。地元住民が呼ぶ「港の上」で地域の風情に触れる時間が、室戸ジオの旅を実感させてくれる。

室津港

夕焼けに染まる室津港

高知県室戸ユネスコ世界ジオパーク 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ