観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

ジオの恵み海洋深層水

室戸岬の特異な地形が生んだ

美容に健康にと近年人気を集める「海洋深層水」だが、実は室戸市は、日本で最初に海洋深層水の陸上取水施設ができたところ。県が研究を進め、室戸岬海域、水深300メートル以上の深海から取水し、様々な製品へと加工し、提供している。室戸岬の特異な地形が生んだ、まさに“ジオの恵み”の世界へ―。

室戸岬東岸は、目の前の近海が一気に水深1千メートル以上も落ち込む深海になる。ここはハワイから宮古島、室戸へと循環する海水が沸き上がるポイントでもあり、循環した海水が室戸の急峻な海底地形にぶち当たり、湧昇流となって上昇するというわけだ。

その海水は「有機物の入っていないキラキラのきれいな水」(室戸黒潮協同組合常務理事の山下幹雄さん)。四季を問わず7度の水温を維持している。そして海洋深層水はミネラルが豊富。海洋深層水から作られた塩は真っ白で元素記号のままのミネラルを含む。だからタタキもうまくなる。

室戸の海洋深層水は塩、ミネラルウォーターなどに加工されているほか、深層水を使った養殖の研究などにも応用している。室戸岬の東海岸には、海洋深層水を利活用した加工場が並び、海洋深層水研究所から取水施設「アクアファーム」までのエリアで「アクアファームベルトゾーン」を形成。アクアファームでは工場見学やパネル展示などを通して、室戸の海洋深層水を“深く”学べる。

海洋深層水が湧昇する室戸は海産物として恵みをもたらす。いきなり深海になる漁場は相模湾、銚子沖と並ぶキンメダイの産地。なかでも室戸は漁場が目前なので新鮮なキンメダイが揚がる。旅館や民宿で食べる刺身、煮付けはもちろん、市内飲食店では「キンメダイ丼」を名物料理として売り出している。

キンメダイ料理

民宿徳増のキンメダイ料理

高知県室戸ユネスコ世界ジオパーク 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ