観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

渓谷美と和の風情 鶴仙渓の川床、11月末まで/山中温泉

山中の雅を味わう

山中温泉・鶴仙渓は四季折々、北陸随一の渓谷美が観光客の目と心を癒す、山中を代表する観光スポット。春から秋は遊歩道沿いに設けられた「川床」で、その風情をゆっくりと堪能できる。今年は11月末まで、渓谷美と和の風流を感じるひと時を提供する。

あやとりはしたもとの不動滝付近に設けられた川床は、山中塗の拭漆(ふきうるし)仕上げで、赤い日傘が和の風情を演出。川床の上でゆっくりと時を過ごすのはもちろんだが、川床が並ぶ光景を遠目に見ても雅なムードに心が癒される。

山中温泉川床

桟敷席で鶴仙渓の風情を楽しむ「川床」

川床では山中温泉出身の料理人・道場六三郎さん監修のスイーツと加賀棒茶も提供。宿泊旅館や温泉街の飲食店のオリジナル弁当をテイクアウトして味わう「川床弁当」もあり、優雅な時を過ごしたい。

営業時間は9時30分―16時。11月は気温低下も予想され、不定休に。席料は大人300円、スイーツとのセットは同600円。いずれも加賀棒茶が付く。山中温泉旅館組合加盟旅館の宿泊者は席料100円引き。川床弁当は提供する各店まで要予約。

北陸石川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ