観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

歩いてじっくり楽しむ山中温泉 「やまなか遊歩」提案

浴衣歩きキャンペーンやレンタルサービス

山中温泉観光協会が提案する地域の楽しみ方、それが「やまなか遊歩」だ。旅のスタイルは簡単、「歩くこと」。山間の温泉地特有の温泉情緒と自然、伝統など山中の魅力にゆっくりと浸り、楽しんでもらおうと、サービスを設定している。

「やまなか遊歩」は温泉街回遊の魅力をアップさせようと2016年にスタート。以降、地域の魅力を発信しながら、「歩く」楽しみを増幅させる企画を次々に登場させている。

「浴衣歩き&まちめぐりキャンペーン」では、風情たっぷりに湯のまちの雰囲気を楽しんでもらう。宿泊時、浴衣を着てまち歩きに繰り出すと、参画店舗で割引やサービスが受けられほか、各旅館で「山中塗まちめぐりバッグ」を無料貸出している。

鶴仙渓をはじめ自然豊かな山中散策に便利なのが、ウォーキンググッズのレンタルサービス。トレッキングポールや雨天時にポンチョ、万歩計、ザックを宿泊旅館で貸し出す。料金は通常500円を無料で。

散策の合間の休憩は、温泉街の回遊拠点である山中座前広場で。テーブルとイスを設置し、一休みできる場所を提供している。

歩いて巡る山中温泉は四季を、癒しを感じながら。

山中のシンボル、鶴仙渓は四季折々の渓谷美を見せてくれる。遊歩道や11月末までの川床でその風情を体感したい。

総湯菊の湯は、山中ゆかりの俳人・松尾芭蕉も愛した伝統の名湯。加えてゆげ街道でお土産や食を求めてまち歩きを楽しめば、「やまなか遊歩」の神髄に迫れる。

遠出の場合は無理に歩いてとは当然いかず、自転車や自動車で。電動アシスト自転車や超小型電気自動車「温モビ」、EVレンタカーを用意しており、気軽なお出かけを可能にしている。問い合わせは同協会 電話0761―78―0330。

北陸石川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ