観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

古湯と清流が癒す富山の奥座敷 山田温泉・玄猿楼/富山市

開湯1300年超の古湯を源泉かけ流しで

富山市・山田温泉を代表する老舗旅館が「玄猿楼」。清流と山々の美に包まれた富山の奥座敷は、静かで癒しに満ちた富山観光の魅力を体現したような存在だ。

富山市の山田川上流に湧き出る山田温泉は、病気の母猿に子猿が湯水をかけて治そうとしていたことが開湯のきっかけとされており、その歴史は約1300年と伝わる。戦国時代にはこの地を治めた佐々成政の家臣が、江戸時代には富山藩主が湯治に訪れたとされ、「薬湯」「美肌の湯」と呼ばれてきた。

同館ではこの湯を源泉かけ流しで提供。川のせせらぎと木々から季節を感じられる露天風呂、ゆったりとした大浴場や岩風呂で楽しめる。古くから親しまれてきたように湯治場としての利用もおすすめだ。

客室は8畳と12.5畳の2タイプが基本。次の間付きの特別室やベッドルームも備える。

食事処「山菜亭」では囲炉裏スタイルのなか、富山の海山の旬の食材を懐石で。宴会は120人まで収容可能な大宴会場と30人までの中宴会場がある。

「おわら風の盆」会場にもほど近く、観覧の宿泊拠点として開催期間中は宿泊客が詰めかける。そのほかの季節も富山観光の拠点として利用したい。

北陸福井・富山 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ