観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

東尋坊から行く「がけっぷちリゾート」 坂井・あわらの新観光ブランド

地域素材組み合わせ周遊確立 秋の周遊チケットも販売

福井県坂井、あわら両市は3月から、地域観光のブランドとして「がけっぷちリゾート」を推しだしている。危機感たっぷりのネーミングに思えるが、その由来は地域が誇る名勝・東尋坊から。断崖絶壁の景観で全国的に知られた存在の東尋坊を中心に周遊を促進しようという考えだ。

「がけっぷちリゾート」は、2023年春の北陸新幹線敦賀延伸でJR芦原温泉駅が開業することを見据えて周遊基盤を確立しようと策定。東尋坊を軸に、水族館や遊園地、体験プログラムなど地域の観光素材を組み合わせ、両市の連携でこの地ならではのリゾートを創出しようと取り組みを進める。

プロジェクトでは、東尋坊やあわら、三国の両温泉、越前松島水族館、芝政リゾート、観光農園や乗馬体験などをリゾートの核として情報発信。これに丸岡城や三國湊町など歴史、学び、まち歩きなどを組み合わせることで周遊リゾートを形成する。

東尋坊

“がけっぷち”の核、東尋坊。
断崖絶壁の迫力に圧倒される

キャンペーンとして4―6月は、地域の観光施設をお得に利用できる周遊チケットを販売。続いて9月3日からは秋版の販売をスタートさせた。11月30日までの期間中、秋の周遊を促す。

周遊チケットの秋版は東尋坊観光遊覧船の乗船、越前松島水族館の入館、乗馬クラブ「パ・ドゥドゥ」の乗馬体験、金津創作の森の陶芸絵付け体験のうちから2施設を選んで楽しむ。加えて観光施設や食事処、お土産店など参画27施設で割引やサービスが受けられる特典も付く。

施設の組み合わせは東尋坊観光遊覧船と金津創作の森など事前に5種類を設定。料金は1700―2800円で、組み合わせによって異なる。通常の料金と比較するとお得な設定になっている。

問い合わせは、坂井あわらエリア周遊滞在型観光推進委員会 電話0776―50―3152。

北陸福井・富山 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ