観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

上高地を歩く’18 訪日客も認める多様性(1)

飽きることのない散策の楽しみ

4月27日の開山祭で観光シーズンの幕を開けた上高地。50回目の節目を迎えた開山祭には国内外からハイカーや観光客3600人が訪れた。今年の開山祭は、前日に吹雪で冷え込んだ前年とは打って変わって穏やかな天気に。上高地の旅館ホテル関係者が口を揃えるように「今年は春が早かった」。

平成の期間、ほぼすべての上高地開山祭を見てきて、標高1500メートルで開催される山のイベントならでは、毎年同じ4月27日だけど、違う風景を見せてくれるのも上高地を訪ねる楽しみの一つになっている。

開山祭後、午後1時ごろから河童橋を出発し、いつものように明神に向かって歩き始めた。上高地に来たら、大正池から横尾の間のどこかをハイキングするのは、30年来の決まりごと。飽きるということはない。

河童橋と焼岳

河童橋と焼岳

上高地ビジターセンターに寄ってから、右に清水川を見送り、小梨平を通ってみる。小梨平にはすでにテントが10張りほどありキャンパーが寛いでいた。上高地バスターミナルから、ここまでは10分ほど。炊事場もトイレも風呂もある。上高地は旅館ホテルや山小屋と並び、テント泊も選択肢の1つになる。

上高地散策

散策道のところどころにある木道

梓川左岸を明神へ向かう途中、数匹でくんずほぐれつ春を営んでいるカエルを撮っている外国人ハイカーがいた。ここ5年ほど、上高地で外国人ハイカーは珍しくない。

信州 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ