観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

恐竜王国の神髄へ 福井県立恐竜博物館/勝山

10月14日までは特別展「獣脚類」

恐竜の化石発掘が近年相次ぐことから「恐竜王国」を標ぼうし、観光ブランド化を進める福井県。そのイメージは年々定着してきたが、その中心に座るのが、勝山市の福井県立恐竜博物館だ。ファミリー客の支持を集め、全国から多くの観光客が訪れる人気が続く。様々な展示から福井恐竜観光の神髄に迫る―。

同館の人気のひとつが特別展。今年は10月14日まで「獣脚類」を開催しており、7月のスタートからすでに来場者20万人を突破している。

「鳥に進化した肉食恐竜たち」をテーマに、全身骨格30体を含む79点の標本を展示。うち日本初公開が34点と貴重な資料を通して、唯一現代まで生き残った恐竜グループ・獣脚類の進化の世界を追う。

また、同館では11 月4日まで、化石発掘の現場見学や発掘体験などができる「野外恐竜博物館」も設定。約2時間の専用バスによるツアー形式で、2日前までに要予約。個人、団体ともに受け付ける。

北陸福井・富山 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ