観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

まちのたたずまいが観光資源 奈良県御所市(2)

ツアー対応の食事処も

こうした御所市のたたずまいに魅了されたのが映画監督・河瀨直美さん。御所を舞台にした映画「再会の奈良」を制作し、市内の何気ない風景を映像に盛り込み、魅力ある映画に仕上げた。

御所市観光で課題だったのは、旅行会社のツアーなどで立ち寄り、対応できる食事施設が少なかったことだったが、11月3日に「大和四季旬彩 白雲庵」がオープン。御所市のただずまいを感じる旅に付加価値となっていきそうだ。

白雲庵は、葛城古道沿いにあり、奈良盆地を一望でき、大和三山を見渡すこともできる。自社農園で栽培した大和伝統野菜をはじめ、西洋野菜やハーブなどをふんだんに使った料理を提供。フレンチ出身のシェフのアレンジ料理を味わえる。

白雲庵

白雲庵のテラス席から大和三山を望む

白雲庵

地場産の野菜を豊富に使った白雲庵の食事

ランチは11時30分―15時。ディナーは18時―21時30分。店内は56席(ホール36席、各10席の個室2室)、テイクアウトのみのテラスは32席。

現在は密を避けるため完全予約制で対応している。詳しくは電話0745―44―8551。

(前の記事)まちのたたずまいが観光資源 奈良県御所市(1)

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ