観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

【中国版】シルクロード起点のまち、古都「西安」を歩く(1) 必見の世界遺産「兵馬俑」

楊貴妃が温泉浴した「華清池」も

西安は、かつて長安と呼ばれた中国の古都。秦、前漢、唐など約2千年にわたって多くの王朝が都をおき、市内中心部や郊外には今も史跡が点在する。シルクロードの起点でもあり、絹や茶、磁器などの交易品が中央アジアを経てヨーロッパに運ばれた。日本との交流も古く、遣隋使や遣唐使、阿倍仲麻呂や空海らゆかりの人物も多い。

その西安でもっとも有名な観光スポットが「兵馬俑」で知られる秦始皇帝陵博物院。1974年に農民が井戸を掘って偶然見つけ、当時「20世紀最大の発見」と世界を驚かせた。1987年に世界遺産登録。特に、中国最初の皇帝・始皇帝の陵墓を守る副葬品として造られた陶製の兵士や馬の像は、西安観光で必見だ。現在は地下にあった3つの俑抗が発掘され、1号抗に約2千体もの兵士俑が一堂に並ぶ様子は壮観。3つの俑抗を合わせると陶製の兵馬は約8千点に上ると言われる。

秦始皇帝陵博物院

西安と言えば「兵馬俑」は見逃せない

西安郊外で、楊貴妃が温泉浴をした「華清池」もぜひ訪れたい。2700年余り前に温泉が発見され、歴代の王朝がこの地に別荘が建てた。白居易の「長恨歌」には楊貴妃がこの地の温泉で美しい肌を磨き上げた記述がある。

華清池の敷地内で毎晩行われる舞踊劇「長恨歌」は観光客に人気が高い。玄宗皇帝と楊貴妃の出会いから悲劇へと展開するロマンスを、驪山(りざん)を背景に音や光、水、火などを駆使した迫力あるショーとして演出し見ごたえがある。

(次の記事)【中国版】シルクロード起点のまち、古都「西安」を歩く(2) アートや夜景も見どころ

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ