観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

今だけ、ここだけの雅な春を 京都・岡崎さくら回廊十石舟(2) 十石舟プラス散策の旅

南禅寺界隈めぐり湯豆腐も

「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」に合わせて、京都を楽しむツアー・プランも設定されている。京の風情、食を楽しむ内容で、京都の春を深掘りしよう。

「十石舟と散策ツアー」は、3月25日—4月10日の設定。京都を知り尽くす「京都再発見会」メンバーがガイドを務め、十石舟乗船と散策で岡崎周辺の旅を楽しんでもらう。午前と午後の3プランを設けている。

午前のAプランは「春の岡崎散策と十石舟」。平安神宮や南禅寺界隈、京都市京セラ美術館をめぐり、十石舟に乗船。時間は10時—12時15分。

午後発は十石舟に乗船後、散策に繰り出す。Bプラン「十石舟と南禅寺界隈・哲学の道」は南禅寺境内から永観堂、熊野若王寺神社、哲学の道、法然院へ。Cプラン「十石舟と慶流橋と祇園白川へ」は京の風情をたっぷり感じるルート。時間はいずれも13時発で、所要時間は2時間—2時間30分。

参加料はAとCが大人4100円、小学生3400円。Bが大人4500円、小学生3800円。

南禅寺水路閣

琵琶湖疏水を知るには欠かせない南禅寺の水路閣

そのほか、通常便より早い8時、8時15分発の「早朝便」の特別貸切プランも。

十石舟乗船と昼食とのセットプランは、十石舟運航期間の3月19日—4月10日。南禅寺名物である湯豆腐を味わうもので、料理店は順正と八千代の2コースを設定している。料金はいずれも大人5800円、小学生5100円。

申し込みは5日前までにhttp://kyoto-tabi.or.jp/から。

(前の記事)今だけ、ここだけの雅な春を 京都・岡崎さくら回廊十石舟(1) 今年は3月19日—4月10日に運航

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ