観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

世界水準の白樺湖へ 長野県「池の平ホテル&リゾーツ」の挑戦(2) 矢島義拡社長の「森づくり」

黄金の異空間へぜひ 6月は20周年記念アカシアウォークも

長野県白樺湖は標高1450メートルに立地し、一年を通じて湿度が低く、かつ冷涼な気候条件の中でお客様をお迎えしています。

この山岳高原特有の気候条件は、四季折々の季節の特徴に恵まれ、お客様をお迎えするにはたいへん恵まれているのですが、このエリアに育つ木々には厳しい特殊な気象条件に耐えうることが求められます。

そのような中、当社では、1994年に北海道の帯広から通称「黄金アカシア」と呼ばれるアカシアの亜種を植樹いたしました。その後99年に「黄金アカシアの森」としてオープンしました。

矢島義拡社長

矢島義拡社長

この黄金アカシアは、きわめて色素の薄い樹種となるため、冷涼かつ標高の高い、厳しい気象条件のエリアでしか葉に良い色が出ません。当地では、芽吹きの春から初夏にかけては、透明がかったライムグリーンの葉が高原の涼しい風景に色合いを加え、秋には黄金色に黄葉し、湖畔の秋を彩ります。

標高が高く、かつ低湿冷涼なエリアだからこその、葉の量と色合いが出せることから、以降20年をかけて、このエリア内に1千本を超える黄金アカシアを育ててまいりました。

急に異空間に入り込んだかのような圧倒的なスケールの黄金アカシアの郷をぜひご体感ください。

6月には、黄金アカシアの植樹20周年を記念したイベント「アカシアウォーク」を開催する。蓼科の白樺高原ホテルを出発し女神湖を一周、野外音楽堂、陶仙房休憩所を経て白樺湖へ。湖周囲を一周歩き、白樺湖休憩所からレイクサイドプラザ前でゴールする。全長12キロ、所要時間は約3時間と気軽に参加できる設定になっている。

(次の記事)世界水準の白樺湖へ 長野県「池の平ホテル&リゾーツ」の挑戦(3) ファミリーランドは50周年
(前の記事)世界水準の白樺湖へ 長野県「池の平ホテル&リゾーツ」の挑戦(1) 黄金アカシアの丘が植樹20周年

長野県白樺湖 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ