観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

世界水準の白樺湖へ 長野県「池の平ホテル&リゾーツ」の挑戦(1) 黄金アカシアの丘が植樹20周年

長野県が標ぼうする「世界水準の山岳高原リゾート信州」。その中核をなすビーナスラインの一角、白樺湖畔でリゾート事業を展開するのが池の平ホテル&リゾーツ(矢島義拡社長)だ。ホテルと遊園地、スキー場、ドライブインなどを展開し、白樺湖に独自の存在感を与え、観光拠点の地位を確立してきた。昨年は遊園地が50周年、今年は四季の彩り「黄金アカシア」の植樹への取り組みが20周年を迎えるなど、メモリアルイヤーが相次ぐ。“信州高原観光の雄”が放つ旬の魅力を紹介したい。

自然が織りなす癒しの世界へ

池の平ホテル&リゾーツが構成する一大リゾートゾーン「白樺リゾート」は、白樺湖という自然環境を生かした四季折々の見どころが充実する。なかでも「黄金アカシア」は鮮やかな彩りで来訪者をもてなす、白樺リゾートのひとつの象徴的存在。今年は植樹を始めてから20年の節目を迎える。「黄金アカシアの丘」展望リフトのシーズンが到来する春はすぐそこ。雄大な自然が織りなす癒しの世界へ―。

同リゾートに植わる「黄金アカシア」の正式名称は「ニセアカシアフリーシア」。20年前から植樹を始め、「黄金アカシアの丘」と呼ぶ山の斜面を、今では約1千本が埋め尽くすまでになった。リフトも敷設され、そのほかの植物も含めて一大自然景観ゾーンを形成している。

黄金アカシアは春から6月上旬に芽吹きを迎え、8月には新緑が鮮やかな光を放ち、9月中旬―10月初旬には紅葉の季節となり、一面黄色、いや“黄金”の世界が広がる。黄金アカシア並木、黄金アカシアの森、黄金アカシア街道があり、それぞれに圧巻の光景が眼前に広がる。

黄金アカシアの丘

信州らしさを感じるフォトジェニックなスポット。
黄金の丘から白樺湖、車山高原を望む

黄金アカシアの丘には山頂まで展望リフトが架かる。今シーズンの営業は4月20日にスタート。11月5日まで、雄大な景色と四季の花々の世界へ連れ立ってくれる。

山頂付近には「幸せの四つ葉のエンジェルクローバー」エリアがあり、オープンハート、ショコラ、ハートブレイカー、ライムの4種の四つ葉がそこかしこに。15種ものふくろうたちと腕乗せやエサやり、フライトショーが楽しめる「ふくろうの杜」も山頂に。

黄金アカシアの丘周辺はこのほかにも、3千株のニッコウキスゲ、80種10万株のユリ園、1万本のコスモス畑と7色のコスモスガーデンなど季節に応じた見どころがあふれる。これから迎える春にはフキノトウ、スイセン、クロッカスに始まり、ヒマラヤサクラソウやパンジー、シャクナゲ、レンギョウが美しい花を咲かせ、白樺高原に春本番を告げる。

黄金アカシアの丘

1千本のアカシアに抱かれる
黄金の異空間を楽しみたい

リフトの料金は大人1千円、子ども700円。宿泊者、障がい者は割引。季節で料金は変動する。

池の平ホテルでは、黄金アカシアの20周年を記念したプランを設定。夕食は会席または70種類のバイキングで、黄金アカシアの丘展望リフト入場券がつく。黄金アカシアのオリジナルバームクーヘンのプレゼントも。料金は客室定員利用で1泊2食1人1万円、3人利用が同1万1千円、2人利用が同1万3千円。

(次の記事)世界水準の白樺湖へ 長野県「池の平ホテル&リゾーツ」の挑戦(2) 矢島義拡社長の「森づくり」

長野県白樺湖 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ