観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

日間賀島にフグの季節が来たぞ! 宿でフルコースを/南知多

本格派の味わいを現地で

三河湾に浮かぶ南知多町・日間賀島に、今年もフグの季節がやってきた。10月に漁が解禁、待ちに待ったとばかりにファンが詰めかける。近海で豊富な魚介類が獲れ、年中旅館ホテルで新鮮な味わいが楽しめるが、フグは冬の食を代表する存在。海を渡れば、本場で食べる冬のぜいたくが待っている。

天然トラフグの漁獲量全国トップクラスの愛知県にあって、日間賀島で獲れるトラフグは、漁が始まって100年以上という歴史と好漁場に裏打ちされた、“本格派”。漁解禁と同時に約70隻の漁船が出港し、伝統の延縄漁で一匹一匹丁寧に漁獲したフグは新鮮なまま地元の旅館ホテルへ。トラフグの漁期終了の3月まで、フグのフルコースを提供する。新鮮なフグは漁港から宿へ、ここで専門の調理師が腕をふるって料理し、お客の前に並ぶ。現地ならではの新鮮さだからこその、独特のコクと脂の乗った旨味は食通をうならせる。

今年も旅行会社各社がプランを登場させる。日間賀島の旅館ホテル・民宿でのフグ料理コースと高速船乗船がセットになったプランが基本設定で、知多半島・師崎、河和、田原市伊良湖各港から高速船に乗って島へ向かい、宿でフグを味わう。師崎港からなら、わずか約10分で島へ。日帰り昼食と宿泊プランを用意している。

コースはてっさやフグちり、湯引き、唐揚げといった定番料理が並び、ボリュームは十分。フグの美味しさを堪能できる。コースによっては特産のタコも付く。日間賀島の冬を味わい尽くそう。

日間賀島フグフルコース

フグのフルコースには名物のタコも

日間賀島ではタコもフグと並ぶ名物。天然ものは肉厚でしっかりとした歯ごたえ、噛めば噛むほど出てくる旨味が魅力だ。冬はアワビ、カキもあり、ヒラメやアマダイといった定番の地魚も。冬の日間賀島には海の旨みが凝縮されている。

愛知DC期間中に実施される日間賀島の企画は「昼も!夜も!ぐるっと島飲みキャンペーン」。島内のカフェ6軒と居酒屋でピンチョスを味わう、スタンプラリーで、10月28日まで展開されている。

愛知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この景色、世界級―島根隠岐へ

地球が一つの生命体であることを示すように海面から垂直にそそり立つ断崖、人知の及ばぬ造形物で...

行けば行くほど熱いぞ北陸福井編

北陸特集後編は福井県。北陸新幹線敦賀延伸で、いよいよ福井に全国から注目が集まる。福井の湯ど...

行けば行くほど熱いぞ北陸石川編

2023年に敦賀延伸が予定されている北陸新幹線。延伸に向かって着々と工事が進められている。...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ