観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

長野駒ヶ根・秋冬のおすすめ(3) 日本一標高の高いカフェ

雪解け水やこだわり食材

「日本一標高の高いカフェで雪解け水で淹れたコーヒーと地元食材を味わう場所」というコンセプトで7月1日、ホテル千畳敷に「2612Cafe」がリニューアルオープンした。眼前の中央アルプスと南アルプスを望みながら贅沢なカフェタイムが楽しめる。

2612Cafe

今年7月1日にオープンした2612Cafe

今年開業50周年を迎えた中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイが開設した。提供するコーヒーは、地下約20メートルの水源地から汲み上げる中央アルプスの雪解け水を使用。異なる銘柄のブラジル産コーヒー豆を天日乾燥のみの伝統製法で極深煎りに焼き上げた「2612オリジナルブレンド豆」を注文後に挽く。しっかりとした苦味と柔らかな口当たりが自慢のこだわりの「2612プレミアムコーヒー」だ。苦味を抑え、コーヒー本来のうま味が楽しめる「水出しコーヒー」もある。

コーヒー以外にもこだわりの品をそろえた。長野県水産試験場が10年をかけ、ニジマスとブラウントラウトを交配し開発した「信州サーモン」は、肉のきめが細かく、肉厚で、豊かな味わいと美味みが特徴。甘くて濃厚なソフトクリームは、山麓の駒ヶ根高原すずらんハウスで製造されたもので、カフェで提供する高原ハムやウィンナー、粗挽きフランクも同ハウスで作られたものだ。

2612cafe

ドリンクとフードのセット

また、地元産の「信州産100%ジュース」や「巨峰ジュース」、長野県と岐阜県の契約農家から仕入れた、真っ赤に熟れた桃太郎トマトだけを使用した「トマトジュース」なども2612Cafeの自慢の逸品。

価格は2612プレミアムコーヒーが450円、プレミアム信州サーモンのクロワッサン700円、高原ソフトクリーム350円、りんごジュース450円など。ドリンクとフードのセットメニューもある。

2612Cafeは、ホテル千畳敷の耐震改修工事に伴い、従来の喫茶軽食コーナーをリニューアル。オープンから1カ月半で4千人あまりが利用、好評を得ている。

(前の記事)長野駒ヶ根・秋冬のおすすめ(2) 厳冬期の中央アルプス体感・ホテル千畳敷プラン

長野駒ヶ根 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
最古の湯愛媛道後の世界に浸かる

愛媛県松山市・道後温泉。日本三古湯としての歴史風情と良質な泉質を今に守りながら、現代の観光シー...

鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ