観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅
ホーム   >   今すぐにでも出たくなる旅   >   西日本

西日本

三重鳥羽で“Restart”の旅

三重鳥羽でRestartの旅
18/07/18

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節目をつくってもらう旅「Restart(リスタート)鳥羽」を打ち出した。自然や文化、食、温泉といった地域の誇りを最大限に磨き、活用することで旅行者をもてなし、地域も元気にする。そんな心意気が溢れる鳥羽だからこそできる旅は、きっと人生に活力を与えてくれるはずだ。

水の国和歌山で海川の恵みを体感

水の国和歌山で海川の恵みを体感
18/06/15

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく渓流が涼を伝える。夏は「水の国」和歌山を体感できるアクティビティが充実するのだ。そしてその自然とともに育んできた歴史が、今年は和歌山が誇る信仰の地の節目とあって話題豊富。大スケールの自然と歴史に彩られた和歌山県観光が、旅人を"熱い"旅へと誘う。

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編
18/06/07

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰にクローズアップした特集の第二弾は鳥取県。霊峰・大山が節目を迎え、雄大な自然がひと際輝きをもって観光客を出迎える。懐かしい風景と文化、そして心を求めて「わすれがたき鳥取県」の旅へ。

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編
18/05/31

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞台に9月まで続き、7―9月は山陰デスティネーションキャンペーンが展開されるなど、特に夏場、日本の観光シーンの中心に山陰が座る。雄大な自然や悠久の歴史に育まれた文化、食など「日本の原風景」の魅力を最大限にアピール。旅行者の心に残る「わすれがたき山陰」の旅へ誘う。山陰特集第一弾は島根県。和の文化漂う神話の国の風土を感じに出かけたい。

天下の山城から始まる島根安来紀行

天下の山城から始まる島根安来紀行
18/05/02

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の偉業を今に伝える貴重な遺構である。と同時に、天空に届かんとするその景観は兵(つわもの)どもが描いた夢を私たちに伝えているのではないだろうか。島根県安来市には、山陰を代表する山城「月山富田城(がっさんとだじょう)跡」がある。日本100名城に選ばれたこの城から始まる旅―安来市へようこそ。

水と緑と歴史文化-輝き増す滋賀おごと温泉

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉
18/04/19

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地としての存在感を高めるべく魅力アップへの取り組みが進む。端緒となった最寄り駅名の「JRおごと温泉駅」への改称から今年で10年。その間、打ち出した「比叡山に一番近い」「港のある」「ハブ」という温泉地スタイルは着実に浸透してきた。新しいおごと温泉の魅力に今、迫ろう。

京都大阪信州伊豆へ春花紀行

京都大阪信州伊豆へ春花紀行
18/03/08

野山に花々が色をつけると春の観光シーズンの開幕だ。艶やかな色合いは春らしい躍動感を伝え、旅人の心に春の温かみをダイレクトに伝えてくれる。京都や大阪では川面を彩る満開の桜に風流を感じ、信州木曽では山間の地ならではの春を花々が呼び込む。お隣中国では梅がひと足早い春を連れてくる。花々と地域の魅力を愛でる春花紀行で春の喜びを全身で味わおう。

志国高知幕末維新博“第二幕”で勢い加速

志国高知幕末維新博第二幕で勢い加速
18/03/01

明治維新150年を迎えた今年、その主要舞台である土佐・高知県も盛り上がりをみせる。この機会を捉えて展開している歴史を中心とした観光博覧会「志国高知 幕末維新博」が開催2年目に入り、4月21日には「第二幕」に突入。メイン会場のひとつ県立坂本龍馬記念館がグランドオープンするほか地域会場も出そろい、歴史の祭典もさらにパワーアップする。歴史の節目を迎えた今年は幕末維新の英雄たちを育んだ風土のもと、歴史浪漫に身を委ねたい。

“最古の湯”愛媛道後の世界に浸かる

最古の湯愛媛道後の世界に浸かる
18/02/22

愛媛県松山市・道後温泉。日本三古湯としての歴史風情と良質な泉質を今に守りながら、現代の観光シーンに独自の存在感を放っている。昨年には新施設「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」がオープン。100年先をも見据えたまちづくりのひとつの軸となる施設の誕生で、まちの魅力は奥行きを増した。坊ちゃんの湯こと道後温泉本館、椿の湯に続く3つの温泉がそろい踏みし、温故知新の力で魅力を増す道後温泉が今、熱い。

鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行
18/02/02

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西郷(せご)どん」を世に送り出した。維新きっての英雄、西郷隆盛を主人公に、新時代を切り開いたヒーローの人生を描く。隆盛が率いた薩摩藩、今の鹿児島県を主要舞台に激動の時代を生き抜いた男の物語は現代に何を問うか。ドラマから、そして現地への旅から、笑いと愛と波乱に満ちた隆盛の魅力に迫りたい。

西日本 特集アーカイブ

今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ