観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

琵琶湖浪漫クルーズ 4―12月おごと温泉港発着

宿泊客らに琵琶湖の魅力伝える

琵琶湖で唯一、造船業を営む杢兵衛造船所が「琵琶湖浪漫クルーズ」を運航する。おごと温泉港発着で、宿泊客らに琵琶湖で滞在する楽しみを提供している。

浪漫クルーズは昨年初めて実施し、今年はおごと温泉港発着で4―12月の土日曜日に運航する。所要時間は60分で、堅田の出島灯台や浮御堂などを見ながら琵琶湖大橋の真下をくぐり、船上から多彩な景観を楽しむ。

クルーズに使用する船は「屋形船四季」。椅子とテーブルがある双胴船で、2階には360度の景観を楽しめる展望デッキを備える。乗船定員は36人。運航は10時30分発―11時30分着、14時30分発―15時30分着の2回。料金は中学生以上の大人3千円、小学生1500円。ガイドが乗船し湖上観光を案内する。

琵琶湖浪漫クルーズ

琵琶湖浪漫クルーズに就航する双胴船
「屋形船四季」

チケットは、同造船所内のレークウエストヨットクラブのホームページからオンラインで予約販売する。出航直前は電話で受け付ける。

同社では「おごと温泉の宿泊だけでなく、滞在型の楽しみ方を定着させたい」と話し、琵琶湖を身近な存在として認識もらえるよう港周辺の賑わい創出にも取り組む。その一環が昨年9月23日におごと港と湖岸緑地一帯で開催した「シガ・クラフトビール・フェスタ」。県内の8醸造所が参加しビールを飲み比べられたほか、地元飲食店も十数店出店、5千人の入場者で賑わった。日程は未定だが、今年も実施予定だという。

問い合わせ、詳細は電話077―572―2114へ。

「光る君へ」滋賀大津 旅のおすすめサイト









この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ