観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

聖地支える松浦魚市場 最先端の高度衛生施設

団体の見学も可能

アジフライの聖地を支えるアジが水揚げされる「松浦魚市場」。近代的かつ衛生的な市場は、一般団体の見学も事前予約のみ可能で、タイミングが合えば水揚げやセリを見ることができる。

松浦魚市場は2021年3月に施設を大幅にリニューアル。陸揚げから選別・荷さばき・冷凍・出荷までを一貫して行う最先端の「高度衛生化閉鎖型施設」として生まれ変わった。

多くの魚市場が吹きさらしの構造である一方、ここでは鳥害や外気を遮断し、紫外線殺菌海水や電解水などを用いて清潔な環境を保ち、水産物の衛生レベルを高く維持している。

松浦魚市場

最新鋭の機器が並ぶ松浦魚市場

23年3月にはEU―HACCPの施設認可を受けたことから、国内はもとより諸外国への輸出増大を図っている。EU圏にはアジ、サバ、ゴマサバなどを輸出する。

市場にはアジだけではなく高級海鮮が集積。

新松浦漁業協同組合が養殖しているとらふぐは、日本一の生産量を誇る。味も上品な甘さで、透き通った身、歯ごたえが天然ものと変わらないと評価されている。その秘けつは、とらふぐ同士が鋭い歯で傷つけ合わないように歯切りを行い、水揚げ時はいかだを港まで移動し、手作業で運搬車に運んでいるからだそうだ。

また、松浦市は県内でも有数の養殖本マグロの産地。鷹島や青島、星鹿で養殖し、全国に出荷している。引き締まった身に、口の中でとろける食感など食通から高い評価を得ている。

松浦産の車エビの評価も高い。伊万里湾の入江を利用した広大な養殖場で、環境や餌や成長度合いに注意を払いながら、愛情たっぷりに育てられている。

さらに、他の海の3年ものより「青島の2年もの」と言われるほど大きさと成長が早い「岩ガキ」。現在も漁師が素潜りで獲っている。

水揚げしたばかりのカタクチイワシを一気に茹であげる「いりこ」や獲れたての魚と塩だけでつくる「青島かまぼこ」も逸品。

長崎県松浦市 観光に関するお問い合わせ

松浦市地域経済活性課
〒859-4598 長崎県松浦市志佐町里免365
電話0956-72-1111

一般社団法人まつうら観光物産協会
〒859-4501 長崎県松浦市志佐町浦免1038-3
電話0956-76-8822

長崎県松浦市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ