観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

バラのライトアップ 河津バガテル公園、DC期間に夜間開園

絵画的な美しさを

本格的フランス庭園に6千本のバラが咲き競う河津バガテル公園。静岡DC期間中の特別イベントとして5月19、20日、6月2、3日の4日間、夜間開園し18時―20時30分の時間帯、バラ園をライトアップする。通常は16時30分に閉園する。夜のバラ園を観賞するめったにないチャンスだ。

河津バガテル公園

本格的なフランス庭園に6千本のバラが咲く

河津バガテル公園は、パリ市にある「パリ・バガテル公園」の姉妹園で、造園はパリ市の緑地公園管理局の専門家の指導のもと行われた。3ヘクタールの敷地に1100品種、6千株のバラが植栽されている。園芸スタッフのバラ栽培技術もトップレベルで、日本のみならず世界中のバラ愛好家からも注目を集めている。

ローズガーデンとしての特徴は、スタンダードタイプのバラを中心に、周りにブッシュタイプのバラを植栽することによる2品種がかもしだすリズムにある。これにフランス式庭園のもう1つの特徴でもある左右対称、幾何学模様をつくりあげることで、絵画的な美しさを表現している。

4月の早咲きのオールドローズに始まり、5月から11月にかけて咲くモダンローズには、バガテル国際バラ新種コンクールで受賞した品種も多く含まれている。

静岡県伊豆 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ