観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

宮元・加賀市長に聞く加賀市観光 人と人との触れ合いとデジタル化で唯一無二

「サイコロきっぷ」客足戻る

―加賀市観光の現状を教えてください。

2020年1月に国内で初めて感染者が確認されて以来の3年間、本市の主要産業の一つである観光産業は大きな影響を受けています。

本市としても市民向けの宿泊助成を実施し、国や県の旅行・宿泊割引の施策と併せ、支援を実施してきましたが、廃業や休業する宿泊施設が出てしまいました。現在はコロナ禍も落ち着きを見せ、客足も戻りつつあります。

23年1月から2月にかけて、JR西日本の企画切符「サイコロきっぷ」の実施により、たいへん多くのお客様にお越しいただけました。あの加賀温泉郷の賑わいを見るのは本当に久しぶりで、うれしく思います。

北陸新幹線の延伸で加賀温泉郷は首都圏と直結されます。また、それに合わせるかのように加賀温泉郷をモチーフにした映画も公開される予定で、今後が非常に楽しみです。

宮元陸・加賀市長

宮元陸・加賀市長

―加賀市が目指している観光とは。

本市はデジタル技術の導入により、市民生活の快適性を向上するスマートシティに取り組んでいます。観光にもデジタル技術を導入し、快適かつ効率性、生産性の高い観光地を目指しています。

これまで取り組んできた「加賀ていねい」をコンセプトとした人と人のふれあいを大切にしたおもてなしと、デジタル技術による快適性などを融合した観光地。そんな唯一無二の地域にしたいと思っています。

―北陸新幹線加賀温泉駅開業を見据え、関西や関東からの誘客をどう捉えていますか。

北陸新幹線としての加賀温泉駅が開業するわけですから、当然、首都圏からの誘客が重要になります。そのための首都圏でのPR活動を強化したいと考えています。具体的な各種イベント出展による宣伝活動や広告展開ですね。

一方で、これまで最も高いシェアを占めている関西からの誘客も同じように重要です。首都圏が増えても関西からのお客様が減ってしまっては、開業の意味がないですからね。関西向けには旅行会社や交通事業者と連携した誘客活動を進める予定にしています。

北陸新幹線・加賀温泉駅

24年春の開業を目指して整備が進む
北陸新幹線・加賀温泉駅の駅舎

―個人的に思っておられる最も魅力的で、他にはない加賀市の観光資源を教えてください。

本市には文人墨客を魅了した個性の異なる3つの温泉、松尾芭蕉が絶賛した渓谷美の「鶴仙渓」をはじめとする四季が楽しめる自然、ズワイガニなど日本海の幸や良質な米から作られる地酒、最高級ブドウの一つであるルビーロマンなどの食、当地を発祥とする「山中漆器」と「九谷焼」の日本を代表する「伝統工芸品」、二つの伝統的建造物群保存地区や城下町などの「歴史景観」など、紹介しきれないほど、魅力あふれる観光資源があります。

私はこれらの豊かで多様な観光資源の総合力がほかにはない加賀市の魅力だと思っています。

石川県加賀温泉郷 旅のおすすめサイト


加賀パフェ
【加賀市】

ゆのくに天祥
【山代温泉】

たちばな四季亭
【山代温泉】

加賀百万石
【山代温泉】

吉田屋山王閣
【山代温泉】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ