観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

30億円かけて高付加価値化 加賀温泉郷の宿・観光施設

プレミア志向のリニューアル

観光庁が地域全体で魅力と収益力を高める「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」で、加賀市の加賀温泉郷の旅館ホテルや店舗、廃業旅館を撤去し公園整備など官民合わせて総投資額30億円をかけて地域・施設の魅力アップを図っている。そのうちのいくつかを紹介する。

山代温泉の「ゆのくに天祥」は2022年9月から23年1月にかけてリニューアル工事を実施。白雲の館の標準客室24室を露天風呂付き客室に改装した。これにより同館の全156の客室のうち44室が露天風呂付きの客室になり、合わせて自家源泉を客室の露天風呂にも導入。コロナ禍を機に増加した「大浴場ではなく、部屋で温泉を楽しみたい」といった客層の要望に応えることができるようになった。

また、昨今のサウナブームを受けて、館内2カ所にあるサウナも改装。内装や照明を刷新するとともに、ヒーターを見直してアロマの香りが楽しめるサウナにした。ロビーや屋外スペースのリニューアルも実施した。

ゆのくに天祥

自家源泉を導入した
「ゆのくに天祥」の客室露天風呂

山代温泉の「たちばな四季亭」は23年1―2月に休館し、大掛かりな改装工事を行った。3月に温泉寺を一望できる新たな客室を設け、これまでの宴会場を個室食事処にリニューアルした。

同館では17年から、九谷焼のオリジナル取っ手をつけた客室ドアや、加賀友禅に用いられる加賀五彩の一つ「草色」の内装など、加賀にこだわった客室づくりを行ってきたが、今回でほぼ当初から描いてきた構想が実現したという。食事処は、プライベート感を重視した個室とし、最大15人まで利用できる部屋も設けた。食事処と厨房を直結させ、これまで以上にできたての料理を提供できるようになった。外装も一新した。

たちばな四季亭

加賀にこだわった「たちばな四季亭」の客室

山代温泉の「吉田屋ホテル山王閣」は、本館の客室を「孔雀殿」と位置づけ一部客室をリニューアル。新客室は「羽伸―UNO」とし、広さが26平方メートルのAタイプ、19平方メートルのBタイプ、24平方メートルのCタイプの3室を設けた。いずれも露天風呂が付き、ツインのローベッドとソファーセット、琉球畳を調和させたモダンな和洋室とした。あわせて大浴場を改装し、浴場内のサウナもリニューアルした。サウナの天井をR型にし、室内に熱がまわりやすくした。

吉田屋ホテル山王閣

「吉田屋ホテル山王閣」の露天風呂付き客室

加賀温泉郷全体では、外装や露天風呂付き客室の改装を行った片山津温泉の「かのや光楽苑」、山中温泉の「白鷺湯たわらや」のほか、同じ山中温泉の「すゞや今日楼」は、モダンなタイプへの客室リニューアルを行っている。

店舗では、山代温泉の総湯前にある文政2年創業の老舗「れん永昌堂」も外観をモダンな雰囲気に仕上げた。れん永昌堂は「れんの羊羹」として知られている。

れん永昌堂

モダンな外観に生まれ変わった「れん永昌堂」

山代温泉の廃業した旅館「松籟荘」跡地には22年4月に「山代スマートパーク」が誕生。公園のほかITルームやフラワーショップ&カフェなどがあり、エリア内ではWi―Fiがつながる。ITルームはキッズプログラミングやドローン体験などIT技術を体験できるイベントを開催。通常は有料のカフェ飲食スペースとして活用されている。

山代スマートパーク

松籟荘跡地に整備された「山代スマートパーク」

石川県加賀温泉郷 旅のおすすめサイト


加賀パフェ
【加賀市】

ゆのくに天祥
【山代温泉】

たちばな四季亭
【山代温泉】

加賀百万石
【山代温泉】

吉田屋山王閣
【山代温泉】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ