観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鳥羽「三冠花火」 寄付でメッセージ花火打ち上げ

60字に思い込め

「がんばろう鳥羽! 三冠花火」では、寄付型花火への協賛を募集している。コロナ禍に苛まれてきた地元や社会への思いを花火として打ち上げ。事業者らに賛同を呼びかけている。

寄付型花火は、鳥羽を訪れる旅行者や医療従事者への感謝、早期収束への願いをメッセージとともに打ち上げる。協賛金をもとにするもので、鳥羽市観光協会では「花火大会の成功裏に開催できるようご協力を」と話している。

打ち上げる花火は1万円、3万円、5万円の3種から選択。打ち上げ日も開催日の8月13、14、15日のいずれかを選べる。メッセージは60字以内、メッセージに添える名前は15字以内。

申し込みなど問い合わせは、同協会 電話0599−25−3019。

三重鳥羽 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ