観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

延暦寺、三井寺、西教寺の三総本山 おごと拠点に巡拝する旅

日本天台三総本山が大津に集結

おごと温泉がブランドイメージのひとつとして打ち出しているのが「比叡山に一番近い温泉地」。日本の歴史の表舞台に多く登場する比叡山とともに育んできた歴史の趣は、現代にあってもおごと温泉観光の大きな魅力だ。特に今年は「麒麟がくる」放送で、比叡山・坂本エリアにスポットが当たり、滋賀戦国観光の盛り上がりへ、宿泊拠点として重要なキーパーソンとなる。

おごと拠点の歴史観光は、地元・滋賀県大津市の「日本天台三総本山」がひとつの軸だ。比叡山にある天台宗総本山で世界文化遺産の延暦寺に加え、天台寺門宗総本山の三井寺(園城寺)、明智光秀ゆかりの天台真盛宗総本山の西教寺という天台三宗の総本山が市内に集中。実は大津は“信仰の聖地”ともいえるまちなのだ。

比叡山延暦寺は “日本仏教の母山”。天台宗開祖・最澄が開創、1200年以上にわたり信仰を集める。総本堂である国宝・根本中堂をはじめ広大なエリア内に見どころは豊富で、世界文化遺産にも登録。国内外から多くの観光客が詰めかける。ケーブル延暦寺駅から望む琵琶湖の大パノラマも必見だ。

三井寺は国宝の金堂が目をひき、伽藍はいずれも有名で国宝や重文が多い。西国三十三カ所霊場札所の観音堂、近江八景の「三井の晩鐘」でも知られる。階段を一番上まで登ると大津市街と琵琶湖の癒しの風景が広がる。

三井寺

国宝金堂が目をひく三井寺も
日本天台三総本山の一つ

西教寺は明智光秀と妻の墓がある、今年一番注目の地。「びわ湖大津光秀大博覧会」のメーン拠点でもあり、今年は一層多くの人が詰めかけそうだ。

三総本山は連携して特別巡拝券を設定。通常は三総本山の拝観料合計が1800円のところ、1千円で拝観できる。市内協賛店での割引など特典も付く。

おごと温泉自体の歴史にも天台宗が関係する。開祖・最澄が1200年前に開湯したと伝えられ、温泉地南にある天台宗・法光寺境内の池から湧きだす地下水を飲むと難病は癒え、池の泥を塗ると皮膚病も治るという言い伝えから霊泉とされてきた。

おごと温泉観光協会・旅館組合は日本天台三総本山をめぐるモデルコースを策定するなど、おごと拠点の歴史観光を推進している。

滋賀おごと温泉 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ