観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

びわ湖から“戦国”へ 琵琶湖汽船(2) 戦国テーマのリーフレットも

“独白”で感じるびわ湖への愛 光秀、信長、姫君の3種

琵琶湖汽船(川戸良幸社長)は、クルーズ乗船客にびわ湖にまつわる戦国観光を楽しんでもらおうと、びわ湖の戦国をテーマにしたリーフレットとマップを制作、配布している。

県の観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」の昨年10月開幕にあわせリリース。滋賀県立安土城考古博物館元副館長の大沼芳幸さんが監修した。

リーフレットは明智光秀と織田信長、戦国時代を生きた姫君をテーマにした3バージョン。それぞれの人物が、びわ湖への愛や歴史的背景を“独白”仕立てで語る内容で、読み物として楽しめる内容になっている。

姫君版リーフレット

姫君版リーフレット

マップは、びわ湖周辺の戦国武将ゆかりの地を紹介。クルーズ船上から見える山々の景色と見比べて、武将の足跡を追うことができる。

リーフレットは大津港、今津港、長浜港の待合室に設置。マップは「南湖遊覧ボート」「竹生島縦走クルーズ」「雪見船クルーズ」の乗船客に配布する。12月末まで。

滋賀おごと温泉 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ