観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

戦国史跡をめぐる おごと温泉観光協会、光秀モデルコースを設定

歩いて楽しむ大津・おごとの旅

おごと温泉観光協会・旅館組合は「麒麟がくる」放送にあわせ、観光モデルコース「明智光秀公ゆかりの地をめぐる戦国史跡プラン」を設定。ゆっくりとウオーキングしながらの歴史紀行を提案している。

1日目はJR比叡山坂本駅からスタート。比叡山焼き討ちのエピソードを持つ生源寺の破鐘、日本の茶の始まりと伝わる日吉茶園、坂本のまちにある石垣「穴太衆積み」、滋賀院門跡、国名勝の旧竹林院、紅葉の名所・日吉大社、西教寺などをめぐり、おごと温泉に宿泊する。旅の疲れを癒やして次の日へ。

2日目は坂本城跡周辺を中心にびわ湖湖岸を周遊。最澄創建の聖衆来迎寺や酒井神社、両社神社など焼き討ちに関係する地を訪れ、光秀の坂本城築城に深く関わる明智塚へ。今は光秀像がたつ坂本城跡公園、光秀ゆかりの陣太鼓が残されている盛安寺、近江八景のひとつ「唐崎の夜雨」で知られる唐崎神社などを訪ね、JR唐崎駅から帰路につく。

明智塚

光秀の坂本城築城に深く関わる明智塚

滋賀おごと温泉 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ