観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

夕暮れの天橋立を歩く

夜道もとてもいい感じ

今年、平成が終わる少し前に、久しぶりに天橋立を訪れた。東京からはとてつもなく遠いけど、とても好きな場所で、行くと必ず天橋立を徒歩で往復する。観光客が少なくなる夕暮れが特にいい。廻船橋の先のベンチで、ちくわをつまみに缶ビールを飲んでから、歩き始めた。

もう太陽は沈んでいて、空は黒くなりつつあった。ただ、西側の阿蘇海の方角には、明るさが残っている。松の林と阿蘇海越しに見るまちに明かりが点き始めている。松の木に隠れたり現れたりを繰り返し、歩く。

砂洲の幅が狭いところでは、端から端を歩いてみたくなる。かつて船が航行しやすいようにと、天橋立をぶった切ろうという計画があったという話を聞いたことや、雪舟が16世紀はじめに描いた天橋立の水墨画では、天橋立はまだ片方が陸地とつながってなく、砂嘴(さし)だったことなんかを思いつめぐらしながら歩いた。

40分ほどで、笠松公園側に着いたときは、もう真っ暗だった。ゴミ箱がなくて、空のビール缶をずっと持って歩いた。

足元を低い位置で照らす遊歩道灯のお陰で、天橋立は夜道でも困らない。文殊まで戻って運河沿いを旅館のレストランの華やかなオレンジ色の明かりを眺めながら少し歩いた。天橋立は、やっぱりいいところだと思った。

(東京総局長・阿部政利)

京都丹後宮津 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ