観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

企画展や海洋堂フィギュア 二十四の瞳映画村にこの夏、新たな魅力加わる

映画第一作公開から65周年 これからも魅力アップへ

小豆島町の二十四の瞳映画村は、小豆島が舞台の名作「二十四の瞳」を顕彰する日本映画のテーマパーク。1987年公開の映画第2作の岬の分教場の木造校舎などオープンロケセットや貴重な展示で、作品の中の懐かしい風景が広がっている。日本映画黄金期の世界を紹介する施設群や映画館、懐かしの給食セットなどもあり、一歩足を踏み入れれば昭和の世界にタイムスリップ。幅広い魅力でノスタルジーの世界へ誘ってくれる。

今年は木下惠介監督、高峰秀子主演の映画第一作が公開されて65周年の節目。これを記念して7月31日までキャンペーンを展開している。入村料が大人通常790円を650円、小学生が同380円を320円となる特別料金を設定している。

常に様々な企画を実施している同村。夏も新しい魅力が盛り込まれる。

写真やアートの企画展を開いている「Gallery KUROgO」では、アーティスト・ストーリーズシリーズ「Focus」の第2弾として、7月19日−9月30日は小豆島出身のイラストレーター・岡田成生さんの企画展「帰還Ⅰ」を開催。東京の名画座シネマヴェーラ渋谷のポスターをはじめ映画関連作品、高峰秀子さんを描いた同村のリーフレットなど、岡田さんが手掛けた映画や音楽にまつわる水彩画作品を展示する。

7月20日は、フィギュア大手海洋堂のギャラリーがオープン。鳥獣戯画や阿修羅像のほか、エヴァンゲリオンをはじめ映画関連のフィギュアも多く展示し、一部は購入することも可能。フィギュアファン、映画ファンともに垂涎の施設となる。

二十四の瞳映画村

7月20日、映画村にオープンする
海洋堂のギャラリーのイメージ

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ