観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

島の暮らしは路地にあり 土庄町「迷路のまち」を歩こう

古い町並みに感じる島の風土 近年は多彩な店舗も

小豆島でのまち歩きにおすすめしたいのが、土庄町・土庄本町。そのまちの構造から、古くから「迷路のまち」と呼ばれてきた。入り組んだ路地には小豆島の風土を伝える古い町並みが広がる。さらに近年のまちづくりで新たな魅力も。歩いて探検して、小豆島の暮らしに触れてみよう。

迷路のまちは、中世は海賊の侵入による被害を防ぐため、南北朝時代には戦乱に備え、迷路のように入り組んで路地をつくり、まちを構成したことから生まれた。まちとしては交易の拠点、お遍路の玄関口として栄えた歴史を持つ。俳人・尾崎放哉も慣れ親しんだまちだという。

迷路のまちに走る路地は60。「石のまち」らしく石積みの民家の塀、古い家屋、商店などが細い路地沿いに建ち、海と暮らしてきた生活の香りを濃く漂わせている。住民でも夜は迷ってしまいそうになるほどというが、昼間はまさに探検という言葉がぴったり。のんびりと歩いて、島特有の懐かしい時間を過ごしたい。

迷路のまち

島歩きの醍醐味を感じられる路地は
角を曲がるのが楽しい

2011年から、まちづくりが進み、まち歩きをより楽しくさせる要素が充実。小豆島・瀬戸内海の特産品をそろえたショップ「島モノ家」、島で採れた野菜とオリーブ牛が味わえる食事処「島メシ家」のほか、カフェや本屋、駄菓子屋など近年登場した店舗が約10カ所並ぶ。呉服屋や醤油蔵などを使って妖怪文化を伝える「妖怪美術館」もあり、バラエティ豊か。

まちづくりに取り組む小豆島ヘルシーランドによれば、昔は商店が並ぶ小豆島の表参道だったという「迷路のまち」。無料の散策ガイドもおり、気軽にまちを訪ねよう。

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ