観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

20年春、観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」デビュー

高知県の風土を体感 高知−窪川に登場

JR四国は2020年4月18日、新しい観光列車「志国土佐 時代(とき)の夜明けのものがたり」を高知−窪川間で運行させる。高知県の歴史風土、風景、県民性を体感できる列車。同社としては「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」に続く3本目の観光列車。

高知から窪川へ向かう「立志の抄」と、折り返して窪川から高知へ向かう「開花の抄」の2パターンで提供する料理が異なる。いずれも土佐久礼駅が乗下車駅として加わる。土日祝日と7月以降の金曜日に運転する。

時代の夜明けのものがたり

「時代の夜明けのものがたり」車内
(予想図)

「立志の抄」は昼食時間にあわせた運行で、高知県の食材を使った創作洋食料理を地元郷土料理「皿鉢(さわち)」風に盛り付けた料理を提供する。「開花の抄」は夕暮れの一杯にあわせた時間で四万十町、中土佐町、佐川町、日高村の自慢の逸品を味わうコース料理でもてなす。

仁淀川橋梁などでは速度を落として運転。太平洋が望める安和駅では停車して写真撮影ができる。

また、車内ではアテンダントによる案内・サービス、停車駅での地元の人たちとの交流など「土佐流のおもてなし」も楽しんでもらう。

乗車料金は高知−土佐久礼が大人3610円、高知−窪川が同3970円。料理は事前予約制で、いずれの列車も税込5千円。

四国高知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ