観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

藁焼きの焼き立てを食べる 海の駅とろむでカツオのタタキづくり体験

本場の旨味を自分で 「室戸流たたきづくり体験」

室戸の海の幸を気軽に味わうなら「海の駅とろむ」がおすすめだ。室戸岬漁港に位置しており、レストランや直販所で新鮮な旨味に出会える。そして欠かせないのがカツオのタタキづくり。高知・室戸を代表する郷土の味を、カツオ漁獲の本場中の本場で体験できるのだ。室戸に来たら、体験しない手はない。

カツオの漁獲は、有名な「一本釣り」が知られるが、実はこれでは魚にストレスがかかってしまうそうだ。室戸のカツオは定置網で揚げられ、同店では、遠洋漁業の冷凍技術を応用して常時新鮮なカツオを提供。いつでも脂の乗った、身の締まったカツオが味わえる。

海の駅とろむ・室戸黒潮協同組合常務理事の山下幹雄さんいわく「朝どれを昼に食べられるのは漁場が近い室戸が唯一」と自負するのも当然のうまさがそこにはある。

同店での「室戸流たたきづくり体験」は、室戸ならではの作り方を、さばき、あぶり、盛り付けまで店員の指導のもと体験できる。

海の駅とろむ

カツオのタタキづくり体験

実際に体験してみた。三枚おろしのカツオを藁焼きにする。そして海洋深層水から作った塩だけで焼き立てのタタキを味う。焼き立てのタタキは、これまで味わったカツオのタタキのなかで最高にうまかった。温かいタタキが珍しいうえ、深層水の塩もカツオの旨味を引き立てる。普通のタタキは、焼き上がった後に氷水で締めるらしいが、それをしない。「焼き切り」というそうだ。

体験後は、自分で焼いたタタキをレストランで塩、ポン酢、酢味噌で食べ比べ。どれもうまい。

海の駅とろむ

自ら藁焼きしたカツオのタタキを
山下さんの指導で切り盛り付けた

料金は、食事代を含めて3200円(体験1500円、カツオのタタキ1500円、ごはんとみそ汁200円)。体験の所要時間は約30分。団体は40人まで受け付ける。

高知県室戸ユネスコ世界ジオパーク 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ