観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

三重観光のハブ型大型施設「名阪関ドライブイン」 人気の秘けつは

高原価の食と豊富な品揃え

三重県内の各観光地と中部、関西を結ぶ要所に位置し、三重観光のハブになっている亀山市の「名阪関ドライブイン」。中部圏を走る観光バスで同ドライブインを知らないところはモグリと言っても過言ではない存在。その人気はツアー団体に限らない。

現在の旅行形態ではドライブインという呼称が団体向け、安かろう悪かろうのイメージで敬遠されがちだが、名阪関ドライブインは大型施設でありながら、いまだに支持を集めている。

その理由の一つは、料理の原価率が高いこと。4割にもなるとのことで、この業種では異例とも言える常軌を逸した食材へのこだわり。それは、松阪牛のすき焼きが1620円、松阪牛会席が2700円で提供しているといった具合。それを団体専用の962席を有する食事処での対応してしまう。

小規模な施設でゆっくりと食事を味わいたいという客には和風レストラン「関本陣」がある。1室8人まで7室を用意しており、30人までの宴会も可能。庭に面しており、庭を見ながら食事を楽しむことができる。

名阪関ドライブイン

名阪関ドライブイン

名阪関ドライブイン

小規模向けの関本陣、
本格的な松坂牛すき焼き、
地酒も豊富な品揃え

また、なかなか手に入りにくい土産物を販売していることも意外と知られていないが、人気の一端。地元亀山の銘菓・関の戸をはじめ伊勢志摩の名物が品ぞろえ豊かに数多く販売されている。松阪牛弁当(1200円)や丁稚ようかん(600円)は人気の逸品。地酒は三重県内のものはほぼそろっており、伊勢志摩サミットで出された「作(ざく)」も手に入る。

立ち寄りではなく目的地の一つとして同ドライブインに送客してみるのも一考だ。

駐車場は乗用車230台、バス50台を収容できる。

三重伊勢志摩 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ