観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

愛知南知多 様々な品種で花ひろば開花

春から本番 一面花、花、花

愛知県南知多町の観光農園「花ひろば」は、その名の通り、広大な園内で年中花を観賞できる、花の一大スポット。当然、春は開花する品種は多く、見どころが充実する。花を愛でるなら温暖な南知多のこの地は外せない。

冬から咲く菜の花に続いて3月上旬にフリージアが咲きだすと春花シーズンの開幕。続いて、ポピー、キンセンカ、スイセンが3月中旬から5月末まで開花し、春を連れてくる。さらに、アイリス、ストック、キンギョソウ、ルピナスが咲き、春本番。梅雨を過ぎ、名物のヒマワリへとリレーしていく。

同園では入園料は大人(中学生以上)650円、子ども300円で、園内の花をどれでもひとり10本まで摘んで土産に持ち帰ることができる。

営業時間は8―17時。花観賞と摘み取りの所要時間は約40分。大型バス駐車場も備え旅行会社に団体利用を勧めている。

春花紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ